YouTubeバナー(チャンネルアート)作成の6つのポイント!サイズや設定方法も紹介

2022/04/29
youtubeバナー作成のポイント

 

YouTubeではチャンネルのトップにバナー画像(チャンネルアート)を設置することができます。

 

チャンネルの雰囲気や世界観が一目で伝わる魅力的なYouTubeバナーを設置することは、チャンネルのブランディングだけでなく、登録者および動画の再生回数の増加にも繋がるため、非常に重要です。

 

本記事では、YouTubeバナーの設定方法やサイズ、作成のポイントをくわしくご紹介します。

 

・YouTubeバナーの最適なサイズがわからない

・デバイスによってロゴやテキストが見切れてしまう

・効果的なYouTubeバナーを作成して登録者数を伸ばしたい

・YouTubeチャンネルのブランディングをしっかり行いたい

 

という方は必見です!

 

YouTubeバナーとは

YouTubeバナーとは、チャンネルページの上部に表示される横長の画像のことで「チャンネルアート」や「ヘッダー」とも呼ばれます。

 

YouTubeバナー

参考チャンネル:レシピ動画アプリ「クラシル」の公式YouTubeアカウント kurashiru [クラシル]

 

YouTubeバナーは、ユーザーにチャンネルの世界観や雰囲気を伝える「チャンネルの顔」としての役割を担っています。

 

 

YouTubeバナーの重要性

YouTube視聴者の行動として

 

1.動画を視聴する

2.興味があればチャンネルページに飛び、動画一覧を見る

3.チャンネル登録をする

 

というパターンが考えられます。

 

皆さんも、検索やおすすめで気になった動画を視聴し、チャンネルページに飛んでチャンネル登録をした経験が一度はあるのではないでしょうか。

 

ここで魅力的でインパクトのあるYouTubeバナーを設置することで、視聴者の興味を引くことができます。

 

YouTubeバナーは、チャンネル登録数や動画視聴回数の増加に繋げることのできる重要な要素のひとつなのです。

 

 

YouTubeバナーのサイズ

YouTubeバナーは、PCやスマホなどのデバイスによって表示サイズが異なるため、制作の際には注意が必要です。ここでは、デバイスごとのサイズをはじめ、ファイル形式、ファイル容量を一覧でご紹介します。

画像サイズ(アスペクト比)

 

YouTubeバナーのサイズ

 

TVサイズ:2560×1440px

PCサイズ:2560×423px

タブレットサイズ:1855×423px

スマホサイズ:1546×423px

 

アスペクト比は16:9です。

 

最低でも2048×1152px以上でないとアップロードができないので注意しましょう。

 

YouTubeでは、テキストやロゴの最小安全領域を「1235px × 338px」としています。この範囲より外にある画像はデバイスによってはカットされています。

表示させたいタイトルやロゴ、メッセージなどは「1235px × 338px」の中に必ず入れるようにしましょう。

画像ファイル形式

YouTubeバナーとしてアップロード可能な画像形式は「JPG」「PNG」「BMP」です。

圧縮のしやすさなどを考慮すると「JPG」または「PNG」がおすすめです。

画像ファイル容量

ファイル容量は6MB以下です。

 

 

効果的なYouTubeバナー作成の6つのポイント

効果的なYouTubeバナーを作成するために押さえておきたい6つのポイントをご紹介します。

 

1.チャンネルのコンセプトやブランドイメージをデザインで表現しよう

YouTubeバナーは、チャンネルに訪れた視聴者が最初に目にする画像です。チャンネルの世界観や雰囲気が一目で伝わるようなデザインを作成する必要があります。

 

動画のイメージやコンセプトとYouTubeバナーに違和感がないように作成しましょう。

 

主に以下のような点を意識して制作することをおすすめします。

 

・ブランドロゴやチャンネル名を入れる

・チャンネルの簡潔な説明テキストを入れる

・チャンネルイメージに沿った印象的な画像や写真を使用する

 

それでは、具体的な例を見ていきましょう。

 

水溜りボンドのYouTubeバナー

参考チャンネル:『水溜りボンド』

チャンネル登録者数:402万人(2022.4現在)

 

こちらは、ドッキリ、実験、検証、都市伝説、料理など幅広い動画を投稿している2人組YouTuber『水溜りボンド』のYouTubeバナーです。

 

チャンネル名だけをヘッダーに大きく表示させることで、シンプルながらもユーザーにインパクトを与えています。また、水溜りボンドの特徴である実験、アウトドア、料理、都市伝説といった要素をタイトルロゴのデザインに落とし込むことで、チャンネルの世界観を表現することに成功しています。

 

声優と夜あそびのyoutubeバナー画像

参考チャンネル:『ABEMA 声優と夜あそび【公式】』

チャンネル登録者数:36.6万人(2022.4現在)

 

こちらは、ABEMA(アベマ)で放送中のオリジナル声優番組『声優と夜あそび』の公式YouTubeのバナーです。

 

タイトルロゴや出演者の写真でもチャンネルの雰囲気が伝わりますが、それだけでなく「平日毎日よる9時40分からON AIR!」と短い説明テキストを加えることで、ユーザーは動画の更新日時という重要な情報を一目で認識することができます。

 

thefirsttakeのyoutubeバナー画像

参考チャンネル:『THE FIRST TAKE』

チャンネル登録者数:614万人(2022.4現在)

 

こちらは、一発撮りで収録されたミュージシャンのパフォーマンスを収録した映像を公開している『THE FIRST TAKE』というチャンネルのYouTubeバナーです。

 

一本のマイクの画像に「ONE TAKE ONLY, ONE LIFE ONLY」というシンプルなキャッチコピーが印象的なバナーです。

 

動画内でミュージシャンは、必要な機材・楽器のみが用意された真っ白なスタジオで一発取りのパフォーマンスを披露します。このYouTubeバナーでは、余白を活かし、サムネイルのデザインや動画の雰囲気と統一したデザインにすることで、チャンネルの唯一無二の世界観やコンセプトを表現することに成功しています。

 

2.重要な情報は中心に配置しよう

「3.YouTubeバナーのサイズ」でもお伝えした通り、YouTubeバナーを作成する上で最も注意すべきポイントが画像のサイズです。

 

YouTubeバナーはPCやスマートフォンなどのデバイスによって表示サイズが異なるため、やみくもに制作してしまうと、せっかくのデザインが見切れてしまう可能性があります。

 

YouTubeバナーにおける、テキストやロゴの最小安全領域は「1235px × 338px」です。タイトルやロゴなどの重要な情報はこの領域内に配置すると良いでしょう。

 

オモコロチャンネルのyoutubeバナー画像

参考チャンネル:『オモコロチャンネル』

チャンネル登録者数:26.3万人(2022.4現在)

 

WEBメディア「オモコロ」のメンバーによるエンタメ系YouTubeチャンネルである「オモコロチャンネル」のYouTubeバナーでは、中心にチャンネル名と更新日時、そしてメンバーの写真という重要な情報を配置しています。

 

スマートフォンでは上のように表示されます。PCに比べ表示サイズが小さくなっていますが、中心の「安全領域」に配置されたチャンネル名と更新日時、メンバーの写真といった重要な情報はきちんと表示されていますね。

 

このように、絶対に見せたい要素は必ず安全領域に入れるようにしましょう。

 

3.必ずPCとスマホで確認しよう

何度も説明している通り、YouTubeバナーはTV・タブレット・スマートフォン・PCでそれぞれ表示サイズが異なり、見え方が変わります。

 

視聴者の多くはPCかスマートフォンを使用しているため、最低でもPCとスマートフォンの2つのデバイスでYouTubeバナーが正しく表示されているか必ず確認するようにしましょう。

 

4.画像内のテキストの量に気を付けよう

テキストを用いて印象的なYouTubeバナーを作成する際には、以下のような文言を入れると効果的です。

 

・チャンネル名

・キャッチコピー

・出演者名

・更新日時

・チャンネルの概要や特徴

・「登録してね」「通知をONにしてね」などの行動を促す言葉

 

ここで気をつけたいのがテキストの量です。

 

伝えたい情報がたくさんあるからといって、1枚の画像内にテキストを入れすぎるのはかえってユーザーにとって負荷となってしまう可能性があります。情報の優先順位を決めて、見せ方を工夫しましょう。画像内に収まりきらない情報はチャンネルの概要欄に記載するのもおすすめです。

 

5.ソーシャルシェアボタンを意識しよう

YouTubeバナー内の要素のひとつに「ソーシャルシェアボタン」があります。ソーシャルシェアボタンでは、チャンネルに関連するアプリやサイト、TwitterやInstagram、Facebook等のSNSアカウントへのリンクを設置することができます。

 

PCでは下の図のようにYouTubeバナー内の右下に配置されます。ソーシャルシェアボタンの位置は固定のため、バナーを作成する際はテキストや画像が被ってしまわないように注意しましょう。

 

クラシルのyoutubeバナー画像

参考チャンネル:『Kurashiru [クラシル]』

チャンネル登録者数:96.5万人(2022.4現在)

 

レシピ動画アプリ「クラシル」の公式YouTubeアカウントのバナーでは、ソーシャルシェアボタンに被らないようにテキストが左側に配置されています。

 

チャンネルに興味を持ったユーザーがアプリやサイト、SNSに遷移するのを邪魔しないように注意して作成しましょう。

 

6.高画質で印象的な画像を使用しよう

チャンネルページに訪れたユーザーの興味を引きつけ、チャンネル登録をしたい、動画をもっと見たいと思ってもらうためには、魅力的な写真やイラストを使用する必要があります。画像の質がパフォーマンスの良し悪しを左右するため、できる限り解像度の高い画像を使用することを心がけましょう。

 

ボーグジャパンのyoutubeバナー画像

参考チャンネル:『VOGUE JAPAN』

チャンネル登録者数:93.5万人(2022.4現在)

 

ファッション誌『VOGUE』の日本版の公式YouTubeチャンネルでは、シンプルながらもアジア人女性の瞳が印象的なバナーでチャンネルの洗練された世界観を表現しています。

 

タミヤのyoutubeバナー画像

参考チャンネル:『TAMIYAINC』

チャンネル登録者数:15.5万人(2022.4現在)

 

ミニ四駆の老舗メーカーである「タミヤ」の公式YouTubeチャンネル『TAMIYAINC』では、プラモデルの楽しさやワクワク感を画像だけで表現することに成功しています。タミヤのロゴである赤と青を効果的に用いることで統一感が生まれています。

 

このように、インパクトのある画像や、目を引くほど美しい画像、チャンネルのコンセプトを端的に表す画像等を使用することで、より多くの人の興味を引くことができるでしょう。

 

YouTubeバナーの追加方法

作成したYouTubeバナーを設定する方法をご紹介します。

 

1.マイチャンネルを開く

YouTubeのホーム画面の右上にある自分のアイコンをクリックし、表示されたメニューの中から「チャンネル」をクリックします。

 

2.チャンネルのカスタマイズを選択

右上に表示されている「チャンネルをカスタマイズ」のボタンをクリックします。別のバナーを設定している方は、チャンネルバナー部分をクリックしても、チャンネルのカスタマイズ画面を表示できます。

 

3.チャンネルのブランディングを選択

チャンネルのカスタマイズのページに「レイアウト」「ブランディング」「基本情報」の3つのタブが表示されているので、その中から「ブランディング」をクリックします。

 

4.YouTubeバナー画像をアップロード・変更する

YouTubeバナー画像として設定したい画像をアップロードします。未設定の場合は「アップロード」を、変更する場合は「変更」をクリックして、画像を選択します。

 

以上でYouTubeバナーの設定は完了です。必ずスマートフォンでも正しく表示されているか確認しましょう。

 

このページで、プロフィール写真の設定や、動画の右端に表示されるチャンネル登録ボタンの透かしの設定もすることができます。

 

 

YouTubeバナーデザインの参考になるギャラリーサイトを紹介

効果的なYouTubeバナー作成のポイントやサイズ、設定方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

・YouTubeバナーの参考になるデザインが見たい!

・印象的なYouTubeバナーを作成するためのアイディアがほしい!

・カラーやデザイン、業種別でイケてるデザインが見たい!

 

そんな方におすすめのYouTubeバナーデザインの参考になるギャラリーサイトを厳選してご紹介します。

バナー広場

https://banner-hiroba.com/

バナー広場

 

バナー広場は、バナーデザインの登録件数が13,000件を超える大型バナーデザイン参考サイトです。カテゴリや検索機能が充実しており、複数のキーワードを掛け合わせた絞り込み検索も可能なため、見たいバナーデザインをピンポイントで探すことができます。

 

例えば業種「ファッション」+カラー「ピンク」+要素「写真」で検索してみると…

 

以下のように、写真を使用したピンク色のファッション系のバナーデザインのみを表示することができます。

 

バナー広場の検索イメージ

 

バナー広場はここが便利!

・カテゴリが豊富で、機能面に優れているから探しやすい

・新着順や閲覧数順、ランダムなどで表示ができる

・お気に入り機能がある

 

https://design-library.jp/

バナーライブラリ

 

BANNER LIBRARY(バナーライブラリー)は、約4,000件のバナーデザインを掲載しているギャラリーサイトです。カテゴリ別やテイスト別、カラー別にバナーデザインを表示することができます。オシャレでデザイン性が高いバナーが多いのが特徴です。

 

BANNER LIBRARYはここが便利!

・テイストやカラー別にバナーデザインを表示できる

・オシャレで質の高いバナーデザインが多い

・お気に入り機能がある

 

Pinterest

https://www.pinterest.jp/

ピンタレスト

 

画像共有SNSのPinterestでは、あらゆるジャンルの画像を閲覧・保存・共有することができます。

 

バナー専門のサイトではありませんが、デザインの参考にはもってこいです。

 

使用するためにはアカウント登録が必要です。キーワードを入力することで、好きなデザイン・参考にしたいデザインを閲覧できます。

 

Pinterestはここが便利!

・キーワードだけでバナーデザインが検索できる

・関連するバナーが次々に表示されるからアイディアが広がる

 

まとめ

YouTubeバナーは、チャンネルのブランディングにおける重要な要素のひとつです。

 

チャンネルの雰囲気や世界観が伝わる魅力的なYouTubeバナーを設置することは、チャンネル登録者および動画の再生回数の増加にも繋がります。

 

本記事でご紹介した作成のポイントを参考にして、視聴者がチャンネル登録したくなるようなYouTubeバナーを作りましょう。

 

デザインに悩んだときは、バナーデザインの参考サイトを活用してアイディアを膨らませてくださいね。

 

バナー広場 | バナーデザインのまとめサイト > バナーのいろは > YouTubeバナー(チャンネルアート)作成の6つのポイント!サイズや設定方法も紹介